絵本

こどものカレンダー8月のまき

こどものカレンダー( 8)

こどものカレンダー8月のまき

出版社:
初版日:1975年7月

ISBN:978-4-033150-80-2
こどものカレンダー7月のまき

こどものカレンダー( 7)

こどものカレンダー7月のまき

出版社:
初版日:1975年6月

ISBN:978-4-033150-70-3
こどものカレンダー6月のまき

こどものカレンダー( 6)

こどものカレンダー6月のまき

出版社:
初版日:1975年5月

ISBN:978-4-033150-60-4
こどものカレンダー5月のまき

こどものカレンダー( 5)

こどものカレンダー5月のまき

出版社:
初版日:1975年5月

ISBN:978-4-033150-50-5
こどものカレンダー4月のまき

こどものカレンダー( 4)

こどものカレンダー4月のまき

出版社:
初版日:1975年4月

ISBN:978-4-033150-40-6
うつくしい絵

かこさとし

うつくしい絵

ゴッホ、レーピン、ピカソ、北斎など古今東西の名画を紹介しながら作家の人間像と名画の深いからみあいをさぐります。「美しい絵はなぜ美しいのか?」を読者といっしょに考えていくやさしい美術入門書。
著者の熱い思いで出版された記念すべき一冊。

出版社:
初版日:1974年4月

ISBN:978-4-034170-10-6
からたちばやしのてんとうむし

かこさとし おはなしのほん(10)

からたちばやしのてんとうむし

女の子が大切そうに握りしめていた小さな手をそっと開いて見せてくれた赤いてんとう虫が、この本を作る直接のきっかけ。理科教材の昆虫編の一つとして、てんとう虫の文様や種類、季節の変化と身近な虫たちの習性を描いています。

出版社:
初版日:1974年2月

ISBN:978-4-032061-00-0
サザンちゃんのおともだち

かこさとし おはなしのほん( 9)

サザンちゃんのおともだち

アフリカの大地を舞台に様々な動物が登場するカラフルな絵本。日本とは異なる風土や動物ですが、主人公の男の子サザンちゃんと愛らしい表情の動物たちがお子さんたちに喜ばれています。

出版社:
初版日:1973年12月

ISBN:978-4-032060-90-4
にんじんばたけのパピプペポ

かこさとし おはなしのほん( 8)

にんじんばたけのパピプペポ

セツルメント活動の子ども会で紙芝居やお話、絵物語を試みていた1950から60年代、にんじん嫌いの子のために作ったものがこの本のもとになっています。本当のニコニコはどんなところにあるのかがわかる深みのある絵本。

出版社:
初版日:1973年11月

ISBN:978-4-032060-80-5
からすのパンやさん

かこさとし おはなしのほん( 7)

からすのパンやさん

加古作品の中で一番数多く印刷されている絵本。多種類のパンはもとより、たくさんのからす一羽一羽の表情が細やかに描き込めれており、そこをご覧いただきたいというのが著者のあとがきにもある通り。ゆっくり、じっくりどうぞ。

出版社:
初版日:1973年9月

ISBN:978-4-032060-70-6
おたまじゃくしの101ちゃん

かこさとし おはなしのほん( 6)

おたまじゃくしの101ちゃん

いちべえ沼でうまれた101匹のオタマジャクシの一番小さな101ちゃんがある日みんなから離れてしまい大変なことになります。お母さんカエルが助けようとしますが、果たしてうまくいくのでしょうか。

出版社:
初版日:1973年7月

ISBN:978-4-032060-60-7
あかいありとくろいあり

かこさとし おはなしのほん( 5)

あかいありとくろいあり

春の草原、おいしそうなビスケットやキャラメルが登場するこの物語は、1950年代の終わり頃、エサを運ぶアリの行列を見ていた子どもたちから発せられたアリを代弁するような言葉を耳にしたのがきっかけで作られました。

出版社:
初版日:1973年5月

ISBN:978-4-032060-50-8
どろぼうがっこう

かこさとし おはなしのほん( 4)

どろぼうがっこう

毎日学校で、りっぱなどろぼうになるため、授業を受けるどろぼうたち。「ぬきあし さしあし しのびあし……」くまさか校長先生の案内で、真夜中に遠足にでかけ……!

とにかく面白い。40年前の子供たちが熱狂したどろぼうの学校の出来事は今でも色あせることはありません。著者が論文書きで多忙な中、論文の下書きに墨一色で描いた紙芝居が当時の子どもに大人気。絵本誕生のきっかけとなりました。

出版社:
初版日:1973年3月

ISBN:978-4-032060-40-9
わっしょいわっしょいぶんぶんぶん

かこさとし おはなしのほん( 3)

わっしょいわっしょいぶんぶんぶん

よくばりなアクマに、楽器も音を出す道具も、声を出す動物たちも、み~んなとられてしまった人びとは、、、

かこさとしの記念碑的作品。絵本作家デビュー前に川崎のこどもたちに手描き紙芝居、幻灯として繰り返し見せていたものが絵本になった本作は、内容、表現、など加古らしさ満載。窮地をすくうこどもの発想と歓喜のフィナーレをお楽しみください。

出版社:
初版日:1973年2月

ISBN:978-4-032060-30-0
あおいめくろいめちゃいろのめ

かこさとし おはなしのほん( 1)

あおいめくろいめちゃいろのめ


目の色がそれぞれちがう、なかよし3人組。そろって楽しめる遊びを、ああでもない、こうでもないと、いろいろさがして、やっと思いついたのが「のりものごっこ」。みんなが夢中になって遊んでいたそのとき事件がおきて。。。

切り紙の独特な雰囲気。著者の伝えたいメッセージが隠されています。

出版社:
初版日:1972年12月

ISBN:978-4-032060-10-2
とんぼのうんどうかい

かこさとし おはなしのほん( 2)

とんぼのうんどうかい

まっ青に晴れた空の下、きょうはとんぼの運動会。すずわり、つなひき、オーエス、オーエス……楽しく遊んだ帰り道に、子どもたちを襲ったのは、ギャングこうもり! とんぼたちは、智恵と勇気をふるって闘います。

著者が小さい頃から夢中になったトンボとり。秋空を覆うほどたくさんのトンボの群れと運動会の組み合わせは、今のお子さんたちにとってもワクワク、ドキドキの連続となる物語になっています。

出版社:
初版日:1972年12月

ISBN:978-4-032060-20-1
ことばのべんきょう3 – くまちゃんのごあいさつ

福音館のペーパーバック絵本

ことばのべんきょう3 – くまちゃんのごあいさつ

挨拶はコミュニケーションの第一歩。小さいお子さんたちに、その場にふさわしい、きちんとした挨拶を楽しく覚えていただけるようこの本が役に立つことを著者は願っています。

出版社:
初版日:1972年2月

ISBN:978-4-834005-66-0
ことばのべんきょう2 – くまちゃんのいちねん

福音館のペーパーバック絵本

ことばのべんきょう2 – くまちゃんのいちねん

小さいお子さんに親しみのある行事にまつわる言葉を集めた「ことばのべんきょう」シリーズ4冊のうちの1冊。お母さんも知らないことばがあったりして母子で学べると好評です。

出版社:
初版日:1971年8月

ISBN:978-4-834005-65-3
とこちゃんはどこ

こどものとも絵本

とこちゃんはどこ

松岡亨子さんの文に加古が絵を描いた作品。赤い帽子の男の子、とこちゃんはお祭り、デパート、夏の海水浴、と人ごみの中をあちこち歩き回りますが、いったいどこにいるのでしょうか。人探しの楽しさを味わう先駆けとなった絵本。

出版社:
初版日:1970年7月

ISBN:978-4-834002-39-3
ことばのべんきょう1 – くまちゃんのいちにち

福音館のペーパーバック絵本

ことばのべんきょう1 – くまちゃんのいちにち

くまちゃん一家の一日を通して言葉を学ぶことができる。小さいお子さんが最初に見るのにピッタリの絵本。小型で持ち歩くにも便利。発刊から30数年経った今でも、人気のこの本で言葉を覚えたお子さんたちが大勢います。

出版社:
初版日:1970年7月

ISBN:978-4-834005-64-6