お知らせ

ーただ、こどもたちのためにー  全国巡回展が生まれ故郷からスタート

加古さん生涯 語録でたどる 一周忌前に、原画や下絵120点披露

地域限定公開 紙芝居も

2019年2月26日上記のような見出しで福井新聞に大きく報道されたように、いよいよ全国巡回展が越前市で始まります。

最初の会場は加古が幼い頃に訪れたこともあり、生前にも展示会が開催された武生公会堂記念館。
(越前市蓬莱町8ー8 電話0778ー21ー3900)


加古里子が生涯貫いた信念や作家としての流儀を伝えるとともに、作品に込められた子ども達への思いや未来へのメッセージを探ります。

だるまちゃんシリーズやからすのパンやさんシリーズの原画、下絵、資料のほかデビュー前の絵画など全国初公開のものを含む120点余を展示。生まれ故郷に寄せた加古の思いが伝わる作品も見逃せません。

全国巡回展の中で、本会場のみで展示するものの一つは写真にあるセツルメント時代に作成された大型掛け図式の紙芝居。(下)これはのちに『あかいありとくろいあり』(1973年偕成社)としての出版される元になったものです。

開館時間:10時〜18時(最終入館は17時30分) ただし3月21日は、13時からとなります。
休館日:3月25日、4月1・8・15・22日、5月7日
入場料:一般500円 高校生以下無料

詳細は以下のポスターのリンクをご覧ください。

ポスター1

ポスター2

尚、武生公会堂からは徒歩で「だるまちゃん広場」のある武生中央公園や、かこさとしふるさと絵本館へも行けます。
これらの施設や周辺でも展示期間中、様々なイベントやサービスがあります。詳しくは順次お知らせ致します。

  • ホーム>
  • お知らせ>
  • 2019年3月21日から5月12日まで 加古里子特別展を開催(越前市)