2018

福井県立図書館とふるさと文学館では2018年1月26日から3月4日まで「科学道100冊ジュニア」の企画に合わせ、「かこさとしのかがくの本」に焦点をあて県立図書館所蔵の約200冊を特集します。

「科学道」とは、聞きなれない言葉かもしれません。

理化学研究所・編集工学研究所共同プロジェクトで、書籍を通じて科学者の生き方・考え方 や科学のおもしろさ・素晴らしさをとどけるための事業だそうです。未知に挑戦しながら未来を切り開いていく科学者の姿勢や方法に着目し、すべての人の生きるヒントになる本との出会いを目指 している、とのこと。

下の写真は福井県立図書館・文学館ご提供によるものです。窓の外に目がいってしまいますが、白銀の世界ではない地域でも寒い冬は、じっくり本を読むには向いているかもしれません。

最新科学を優しく解説する『太陽と光しょくばい物語』(2010年)、本格的な内容を絵本で伝える『大きな大きな世界』『小さな小さな世界』(1996年・全て偕成社)は、『海』『地球』『宇宙』『人間』(いずれも福音館書店)を描いてきた、かこさとしならではの工夫でわかりやすく構成されています。

科学なんて難しそう、と思われた方、『かわ』(1962年)で水の旅はどうでしょうか。水だけでなく、そこには水力発電による電気や物の流れ、そして人々の暮らしがあることがわかります。『絵巻じたて かわ』(2017年・いずれも福音館書店)はひろげると圧巻で、文字のない裏面は更に川が浮き彫りになります。

乗り物大好きさんには『地下鉄ができるまで』(2010年福音館書店)がおすすめです。『出発進行!里山トロッコ列車』(2015年偕成社)は歴史あり、自然ありの小さな旅を満喫できる大人でももちろん楽しい絵本で、懐かしい里山の風景が広がります。

本格的な歴史をお望みなら『ならの大仏さま』や2006年(復刊ドットコム)や『万里の長城』(2011年福音館書店)、『ピラミッド』(1990年偕成社)がおすすめです。

やっぱり冬はこたつでのんびりしたい方には『だるまちゃんと楽しむ日本の子どもの伝承あそび読本』(2016年 福音館書店)はいかがですか。読みながらあやとりをしてみたりも楽しそうですし、ミカンを食べながら『だいこんだんめん れんこんざんねん』(1984年福音館書店)というのも良さそうです。「科学道」をお楽しみ下さい。

春夏秋冬、かこさんの絵で巡る

「あとがきから」でご紹介した『こどもの行事 しぜんと生活』(2011年小峰書店)の表紙画が、藤沢市本庁舎ロビーに飾られていることを写真とともに伝える。
以下でご覧いただけます。

https://www.asahi.com/articles/ASL1J5DS1L1JULOB019.html

かこさとしのだるまちゃんシリーズに新たな3作品が加わったことに焦点を当てた番組が2018年1月18日NHKワールドTVで世界に向け17言語で放映されました。その英語版が以下のウェブサイトでご覧いただけます。かこさとしのメッセージは日本語(字幕)でお楽しみいただけます。英語でだるまちゃん、是非ご覧下さい。

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/newsroomtokyo/features/20180118.html

映像にも読み聞かせ場面で登場する教文館ナルニアホールでは「だるまちゃんすごろく展」を2018年1月28日まで開催、1月24日には、だるまちゃん新作に関してのトークイベントが福音館書店編集者さんたちによって開催されます。貴重な資料や裏話にご期待下さい。

2018年1月11日「より美しく、たくましく」、同18日「大人と別の人生がある」という大見出しで2回にわたり福井県ゆかりの両者が未来を託す「こども」をめぐり示唆に富んだ対話をくりひろげる。

初回では、解剖学者・養老孟司さん「野山で遊ぶしかない」、絵本作家・加古里子さん「自我の通りやらせて」という小見出しで、第2回では「次世代」へどう教育するかを問う養老氏、「歴史を学び未来を開いて」と加古が応じる。

また、以下の新聞でも同記事が掲載された。
日本海新聞2018年1月4、5日
愛媛新聞2018年1月9、10日
福島民報2018年1月11日
山陰中央新聞2018年1月12、13日
信濃毎日新聞2018年1月11、18日

地元親子に認定証贈呈

かこさとし監修の「だるまちゃん広場」がある越前市武生中央公園内「かみなりちゃんのおうち」は、2017年9月10日にオープンして4ヶ月あまりで3万人の入場があったと写真と共に伝える。
この施設は中央図書館の隣で「だるまちゃんとかみなりちゃん」をモチーフににした木製の遊具などがあり天候に左右されずに遊べる。