2021

かこさとしが自らの生い立ちや来し方を語ったこの本。
当初、「遺言」という題名をつけたいと言ったことからもわかるように、かこからお目にかかれることができない皆様に向けて伝えておきたいことをまとめたものです。かつて子どもだったすべての方々、これから大人になろうという方への心からのメッセージを受けとっていただけたら幸いです。
書評は以下でどうぞ。

未来のだるまちゃんへ

1962年「こどものとも」シリーズの一冊として福音館書店から刊行された『かわ』は、その後単行本として半世紀以上も皆様にお読みいただいています。
そして2016年には『絵巻じたて ひろがるえほん かわ』が刊行されました。文字通り全場面が一枚の絵巻のようにつながり、言葉は裏面のモノクロで川だけが彩色されている絵に書かれているといった凝った作りになっています。

ご紹介記事は以下でどうぞ。

かわ

越前市武生中央公園にある「まめちゃんえん」で人気の『あさですよ よるですよ』(1986年福音館書店)の絵が市民バスに描かれ運行開始です。越前市「服部ルート」で走るそうです。上の写真はそれに先駆け地元の服間小学校でお披露目をした時の様子です。

大きなバス全体に小さなまめちゃんたちがたくさん、遊んだり、お昼寝したりしています。

まめちゃんたちのように、世界中の誰もが、思い切り元気に活動して、ぐっすり眠って健やかな毎日を満喫できる日が早くくることを願っています。

絵本の最後にあるこの絵も、バスにありますよ。

越前市に出かけられるようになったら是非このバスを見つけてください。以下は越前市による情報です。

あさですよよるですよ バス

2021/01/01

2021年の展示会

2021年夏には全国巡回展のほか、各地で展示会が開催されます。

発売中のMOE2021年1月号にありますように1月5日〜31日までは巡回展が盛岡市文化ホールで開催中です。

誌面でいち早くご案内しているのが、千葉県市川市文学ミュージアムで7月17日(土)〜9月20日(月)に開催の「かこさとし展ーこどもはみらいにいきるひとー」です。

他の会場の展示会については、順次、当公式サイトでご案内致します。ご期待ください。