2024

七夕は加古にとって特別なものでした。
『だるまちゃんの思い出 ー遊びの四季ー』に書かれているように、ふるさと武生(たけふ)で過ごした幼年時代の七夕が「民族的な「棚機(たなばた)」即ち織物を織る神や川の神に、はたおりの技術や習字や学問を上達することを祈願する色彩が色濃く流れていた」ことと関係しているようです。

長い歴史を持つ武生(たけふ)では、昭和のはじめの頃、墨で書いた短冊を笹につけるコヨリを一家総出で作って「6日につるし、7日の夕方にはその竹を持って大川の土手に行」き、土手の中ほどの焚き火に短冊をいれ「竹の頂上に1つだけ残した小さな提灯に、そのたき火から灯をもらってともす」⋯七夕の夕べの様子が克明に記されています。

こんな思い出深いこども時代を過ごしたためか、加古はこどもたちに飾りの作り方を教えたり出来上がったものを飾ったりしていました。七夕前は梅雨の時期ということもあり、筆者も家の中で延々と折り紙で飾りを作り、大きな柔らかい紙で「網」をこしらえたものです。

加古が亡くなる前の年の、つまり結果としては最後の七夕の飾りが出来上がり記念撮影をしようと思っていたところ帯状疱疹の痛みがでて、それができなかったのですが、加古にとっては七夕を迎えるのは新年を迎えるのと同じような気持ちだったように見受けられました。孫と最初に迎えた七夕、2回目の七夕⋯といった記録も残してあるほどです。

ですから七夕についてはあそびの本、星の本、そして行事の本でも取り上げています。『あそびずかん なつのまき』(2014年小峰書店)では七夕が現在のようになるまでには、日本の古来の「たなばたつめ」のならわし、中国のおりひめ、ひこぼしのお話や、「きっこうでん」のまつり、そして日本のお盆のお供えなどの「いくつものおはなしやいいつたえがまじっ」て現在に至ることが絵でわかりやすく示しています。

さらに、『なつのほし』(1985年偕成社)では上の絵に加え、下のあるように織姫星(ベガ)と彦星(アルタイル)の実際の距離などについても解説があります。

七夕の日に晴れを願う地域、逆に雨を願うところがあるのは上記のような様々な要素のどの部分に重きを置いているかによって異なるようです。皆様のお住まいのところではいかがでしょうか。

当サイト2018年「七夕」もどうぞお読みください。

七夕

福音館の月刊誌「母の友」に登場する「一日一話」は、1953年から続いている大好評の特集だそうです。そんな中から「今の子どもたちに喜んでもらえるお話」を集めた第2弾が刊行されました。

全部で三十話を収録。加古里子(かこさとし)の「ポンちゃんのポンポ」もあります。もちろんこのお話は『くもとり山のイノシシびょういん』の第一話でもあります。

美味しいものが出てきたり、おやすみ前にもピッタリな、大人も子どもも楽しめるお話ばかりです。どうぞ楽しいひと時をお過ごしください。

2024/06/08

三つ巴

三つ巴で思い浮かぶのは瓦や太鼓の模様でしょうか。

じゃんけんは、グー、チョキ、パーの3つだからこそ面白いのですが、物語の中では敵がさらにもう1人現れて3者で争うというのは、スリル満点の構図となります。

加古作品の中にも、三つ巴の緊張状態の末、あっと驚く結末を迎えるお話があります。

昔話『かっぱとてんぐとかみなりどん』。この3者が、「すみやきとうべい」に無理難題を言いつけますが、息子の「とうへい」はまんまとこの3人を一度に懲らしめてしまい、めでたしめでたしとなります。

ちなみにこの作品に出てくる「かみなりどん」の太鼓はご覧のように三つ巴ではなくニ巴です。

子どもの機智でピンチを切り抜けるというのは『わっしょいわっしょいぶんぶんぶん』にもありますが、本作はダイナミックでなんとも愉快でスカッとするお話しです。

昔話らしいのんびりした雰囲気を伝える味わいある絵のタッチも見どころです。

6月14日から開催の軽井沢絵本の森美術館「かこさとし「絵本へのまなざし」展で一場面のみですが展示予定です。

本作のあとがきについては以下(2016年の当サイトの記事)にあります。

あとがき

おにごっこは子ども遊びの代名詞。様々な遊び方があり、それを伝えている『いろいろ おにあそび』(1999年福音館書店)が紹介されました。

いろいろ おにあそび

この本については当サイトでも、かこさとし自身によるこの本と鬼遊びについての解説をご紹介しております。

2018年 編集室より『いろいろ おにあそび』

2024年4月末に越前市ふるさと絵本館11周年を祝うイベントが開催されました。新幹線福井延伸を記念し展示テーマとも関係する『たっくんひろちゃんのちょうちょうとっきゅう』の劇を園児さんたちが上演しました。

絵本館11周年 『たっくんひろちゃんのちょうちょうとっきゅう』

偕成社より2023年秋から2024年春にかけて全10巻が出版された『かこさとし童話集』。その扉に使われたフードペーパーという廃棄する野菜を漉き込んだ和紙を制作した越前市の五十嵐製紙さんに御礼にうかがいました。その時の様子が、こしの都ネットワーク(ケーブルテレビ)で放映されました。

越前市和紙の里訪問 フードペーパー

2024/05/19

絵本の題字

絵本の題字は、デザイナーさんや装丁の方がその字体や色をデザインすることが多いようですが、加古は題字を自らかいたりデザインをしたりしていました。

小峰書店から出版されているお天気の本5冊(1997〜98年)は、その良い例です。
タイトルの文字に雨、かぜ、曇りをイメージして線が入っています。

下右側『はれのひのおはなし』は題名の文字が光っているように見えますが、これも線を入れてそのように見えるようにしているからです。左の『ゆきのひのおはなし』では雪がたくさん降っています。

下の2冊の題字は加古の書き文字で『あさですよ』は豆をイメージした◯が字にも表紙の下部にも描かれています。『あかですよ』の方は海の中のタコのお話なので、同じ◯でも泡のイメージです。

『まさかりどんがさあたいへん』(1984/1996年小峰書店)は、大木を切り倒してピアノを作るまでを描いていますが完成までには数多くの道具を使います。電動ではなく手で切り出したり彫ったり。そのイメージとこの手書き文字はピッタリです。

『とこちゃんはどこ』(1970年福音館書店)の題字も手がきのシンプルなものですが、黒でも茶色でもなく白抜きで一部のみ彩色されていて表紙全体とのバランスも良く、軽快なイメージで洒落ています。

様々なフォントがある現在にあって、こういった手がきの題字がかえって新鮮に思えるのは筆者だけでしょうか。



他の作品に見られる手書き文字については(2018年のご紹介ですが)以下をどうぞ。

手書き文字

昨年の今頃は『からすのパンやさん』に登場する84種類のパンにまつわるお話をパンやさんのお父さんの視点でご紹介していました。このサイトはおかげ様で大好評で今日に至るまで多くの皆様にご覧いただいております。

投票で1番の人気だった「かめパン」でご紹介できなかったのがこの『あおいしまの ゾウガメどん』(1989年偕成社)でした。最初の回のみ、いくつかのパンをまとめてのご紹介だったことと、ゾウガメという珍しい種類だったこともあり、掲載していませんでしたが、加古が実際に現地で観察した「かわいい動物たちをモデルにして、いつまでも美しく静かであるよう願って」つくった物語です。

青い島というのはインド洋に浮かぶセイシェル諸島で、ここでは「あとがき」にもあるように太古の昔、アフリカ大陸から離れて島になったため、希少な植物、生物を数多く見ることができます。その中でも有名なのが国章にもあしらわれているゾウガメです。

この島々の海と空の美しさは息をのむほどです。ほぼ赤道直下にあるため、一年中色鮮やかな美しい花が咲いていて野生のポインセチアも見かけました。下の絵で、ゾウガメの左に見えるオレンジ色の鳥はスズメ、真上にいるのは軍艦ドリ、右上にいる白い羽に青いくちばしはアジサシです。

1979年から81年にかけて小学校中級から中学生向けの副教材として、みずうみ書房から刊行された「できるまで・とどくまで」シリーズ(4回、全20冊)は、様々なものの社会の中での役割に焦点を当て、知識を深める目的で出版されました。「岩波映画の社会科絵本」とありますが、画は写真ではなく絵です。

加古が担当したのは現在、福井市自然史博物館分館(セーレンプラネット)で展示中の「通信衛星」、「写真フィルム」「鉄」「石油化学」の4冊です。

加古は工学部で応用化学を専攻し化学会社の研究所に勤務していましたので、「石油化学」についての専門的な知識をもとに描いた画は理解を大変助けるものとなっています。

その第1場面は以下のようなもので、かつて天然素材で作られていたものが石油から作られるものに変化していることを伝えています。

この本がかかれてから40年以上経た現在では,この便利な石油化学製品であるプラスチックが大きな問題となってきているのはご存知の通りです。

「写真フィルム」は見たこともない方々が多く、デジタル化が進む現在ではすっかり過去のものになってしまったようです。

かつて加古が川崎に住みセツルメント(ボランティア)活動をしていた戦後の時代は、鉄が戦災からの復興を支える役割を担っていて、子ども会で接した多くの子どもたちの父親は製鉄所や造船所で働いていました。しかしながら、川崎にあった製鉄所の高炉も昨年休止となり、ここでも時代の移り変わりを感じずにはいられません。

一方「通信衛星」は今や福井県のように県でも打ち上げるほどで、生活に欠かせないものになってきています。加古が関わった4冊の本からも、社会の変化によって使われるものが、したがってそれに関わる産業も大きく変化することを実感させられます。

下は『できるまで とどくまで 通信衛星』より。

およそ2ヶ月毎にかけかえている藤沢市内の図書館と本庁舎1階ロビーの絵が新しいものになりました。

本庁舎には季節の草花を手にした『だるまちゃんとてんじんちゃん』たち。

図書館には虫歯予防にちなんだ絵やこの季節らしいカラタチの花とてんとう虫の絵です。
『こどもの行事 しぜんと生活』の季節感あふれる表紙は大人の皆さまにも好評です。

かこさとしの故郷、福井県の福井新聞の一面に毎日掲載されるコラム「越山若水」は4月30日は図書館の日と紹介し、それに続く5月は「図書館振興の月」でかこさとしやその編集に関わった松居直さんのことを例に「物語から想像力を広げる時間を」と結んでいる。

展示については以下でどうぞ。

藤沢市民図書館 展示