展示会情報

「かこさとし絵本展〜未来を生きるこどもたちへのメッセージ〜」

2020年4月25日から開催予定だった愛媛県歴史文化博物館での展示会は新型コロナウイルス感染防止のため、臨時休館しておりましたが、防止策をとりながら5月12日(火)から開催の運びとなりました。お近くの皆さまに楽しんでいただければ幸いです。以下でどうぞ

愛媛県歴史文化博物館

2020年5月4日毎日新聞にこの展示会を企画した愛媛県歴史文化博物館の専門学芸員さんによるメッセージ「コロナに負けない! 共生へ未来作ろう」が掲載されました。以下でどうぞ。

毎日新聞

愛媛新聞ONLINEにもイベントガイドに掲載されています。

愛媛新聞

2020年5月13日愛媛新聞で開幕した展示会の様子が報じられました。以下でどうぞ

愛媛新聞

新型コロナウイルス感染防止のため予定変更などがありましたが、展示会の状況は以下となっております。

【2020年5月12日(火)〜8月31日(火) 愛媛県歴史文化博物館(愛媛県・西伊予市)】
かこさとしの絵本展〜未来を生きる子どもたちへのメッセージ〜」
詳細は以下で。

愛媛県歴史文化博物館

【2020年6月2日〜10月4日(日)有島記念館(北海道・ニセコ町)】
「かこさとしの絵本展」

有島記念館

【2020年12月12日(土)〜2021年1月31日(日)盛岡市民文化ホール(岩手県・盛岡市)】
「かこさとしの世界」展(全国巡回展)

盛岡(全国巡回展)

※8月に予定されていました長崎県美術館での全国巡回展は中止となりました。

長崎県美術館

長崎 全国巡回展

新型ウイルスの影響で展示会の中止、臨時休館などの可能性がありますが、4月以降の展示会の予定をお知らせいたします。

2020年4月11日(土)〜10月4日 (日)有島記念館(北海道・ニセコ町)【4月18日〜6月1日まで臨時休館】
以下でどうぞ

有島記念館

松坂屋美術館(愛知県・名古屋市) 「かこさとしの世界」展(全国巡回展)は中止させていただきます。
詳細は以下でお伝えしております。

松坂屋美術館

かこさとしの世界展

2020年5月12日(火)~8月31日(火)愛媛県県歴史文化博物館(愛媛県・西伊予市)
「かこさとし絵本展〜未来を生きる子どもたちへのメッセージ〜」
詳細は以下で。

絵本展

2020年12月12日(土)〜2021年1月 31日(日) 盛岡市民文化ホール(岩手県・盛岡市) 「かこさとしの世界」展(全国巡回展)
詳細は以下で。

盛岡(巡回展)

越前市・ふるさと絵本館休館2020年4月11日〜5月20日

例年ですと全国から特に大勢の皆様にお越しいただく時期ですが、残念ながら今般の状況から臨時休館の期間が延長になっております。5月21日から再開の予定です。一刻も早い収束のため、ご理解ご協力よろしくお願いいたします。

2020年も全国巡回展示会が続きます。前半の予定をご案内します。

八王子市夢美術館 2020年2月1日(土)〜4月5日(日) *2月29日〜4月16日まで、コロナウイルス対策の為、臨時休館です。

*尚、福井県越前市 かこさとしふるさと絵本館は2020年3月24日まで、ウイルス感染防止の為、高校生以下の入場をご遠慮いただいております。ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

松坂屋美術館(名古屋)2020年4月25日(土)〜6月7日(日)
長崎県立美術館 2020年8月12日(水)〜8月31日(月)

盛岡市民文化ホール2020年12月12日(土)〜2021年1月31日(日)


以下に関しては情報をウェブサイトでご覧いただけます。

松坂屋美術館(名古屋)2020年4月25日(土)〜6月7日(日)

松坂屋美術館

名古屋

長崎県立美術館に関しては以下で。

長崎県立美術館

盛岡はこちら

盛岡

全国巡回展の内容とは異なりますが、各地で特色を持たせた複製画による展示会が行わる予定です。

有島記念館(北海道) 2020年4月11日(土)*〜7月5日(日) * 当初予定の開幕日が4月11日に延期になりました。
愛媛県歴史文化博物館 2020年4月25日(土)〜6月21日(日)

お出かけプランに入れていただければ幸いです。
愛媛に関してはは以下でどうぞ。

愛媛県歴史文化博物館

2019年9月5日〜11月10日

福井県越前市かこさとしふるさと絵本館では展示替えをして、この秋は『まさかりどんが さあたいへん』(小峰書店)の全場面をごらいただけます。なんと!本物の〝まさかり〟や〝よき〟も展示しています。

『まさかりどんが さあたいへん』のお話では、一体いくつの道具が登場するのでしょうか。職人さんの仕事場にはこういった道具がずらりと並んでいるものですが、なかなか直接目にすることはできません。この絵本でたくさんの種類の道具がそれぞれの役目をしていることを小さい方々にも楽しみながら知っていただければと思います。

(上・下の写真にある本の題名は、かこさとしの手書き文字です)

越前市は、伝統産業として打ち刃物の長い歴史があり、絵本館最寄りのJR武生駅には、打ち刃物で作られた巨大な龍が飾られていて初めてご覧になる方はきっと驚かれることでしょう。

現在では昔ながらの手法を活かしフランス料理をいただく時に使うナイフやステンレス製の包丁などもつくられ、世界中にその良さが知られています。また越前箪笥も有名で、こういった伝統工芸の技術を活用して絵本館にある椅子や外にある案内板などが作られています。

『まさかりどんが さあたいへん』のお話を楽しみながら、物を作ること、そのために必要な道具を作ること、先人から受け継いできた技術や伝統にも触れていただける秋のお出かけはいかがでしょうか。

『みずとはなんじゃ?』

この夏にご家族みんなで読んでいただきたい『みずとはなんじゃ?』(2018年小峰書店)の展示会です。かこさとしの原稿と下絵、そして鈴木まもるさんの原画全点を間近でご覧いただけます。

この科学絵本が誕生するまでの経緯や絵本に込められた様々な思いや不思議をご披露する、鈴木まもるさんとの対談も開催、ぜひご参加下さい。詳細は以下にあります。

https://www.kyobunkwan.co.jp/narnia/archives/info/28126932

教文館ブログ