メディア情報

NHK総合テレビ「おはよう日本」で11月に発売された科学絵本『みずとはなんじゃ?』(小峰書店)が出来上がるまでの経緯とそこににかこさとしが込めた願いについて、小さなお子さんから大人にも読んでいただきたいメッセージを伝える。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181116/k10011713281000.html

科学と子どもは「正直」

「健やかに」創作の思い凝縮

本年11月に刊行された「みずとはなんじゃ?」は、科学の面白さを絵本で伝える先駆者であった加古里子の遺作にふさわしい優れた科学絵本、として紹介。

同年12月5日には、山梨日日新聞にもほぼ同内容で報じられました。

2018年冬号(通巻第69号)に、かこさとし特集です。
最新刊『みずとはなんじゃ?』(小峰書店)の絵を描くことを託された、鈴木まもるさんのインタビー、久しぶりの重版となった『すばらしい彫刻』(偕成社)や新刊『いろいろおにあそび』『たこ』(福音館書店)、かこさとしのライフワーク『伝承遊び考』(小峰書店)や科学をテーマにした紙芝居の数々(童心社)の紹介に加え、生まれ故郷の福井県越前市にある公園や絵本館、『からすのパンやさん』(偕成社)をいかに楽しく遊ぶかのアイデア等盛りだくさんの特集です。

http://www.jpic.or.jp/konohon/

2018年11月に発売以来、大好評の『みずとはなんじゃ?』
かこさとしに代わり絵を担当することになった鈴木まもるさんと小峰書店編集部の小林美香子さんが、この本の出版までの経緯を振り返り、この本の魅力を詳しく語ります。

https://www.ehonnavi.net/specialcontents/contents.asp?id=429