メディア情報

2018年7月7日から川崎市市民ミュージアムで開催の「かこさとしのひみつ展 だるまちゃんとさがしにいこう」について報じる。同会場では無料スペースに「いつまでも いつまでもかこさとしさん」コーナーを設ける。いずれも9月9日まで。

http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/614487

聞き慣れない名前の雑誌と思われるかもしれません。親子ムックとして始まったばかりの第2巻。

「かみをかんじて、かみでひょうげんして、かみでじっけんして、ときにはしっぱいしよう! このほんに ちりばめたワクワク、ドキドキの “しかけ” がたくさんのえがおをうみますように」と裏表紙にあります。

かこさとしの著作から楽しい紙遊びを選りすぐりでご紹介しています。例えば『かぜのひのおはなし』(1998年小峰書店・上)や『だるまちゃんと楽しむ 日本の子どものあそび読本』(2016年福音館・下)などからです。
また、手作り作品やアメリカで出版された本からのものなどは今回が初公開です。お楽しみに。

http://www.shogakukan.co.jp/pr/paperpuntas/

いつまでも心にある笑顔。

「越前市の誇り、かこさとし先生」として、「今こそ読みたい、かこ作品」の紹介や絵本館についてなどを掲載。また、『コウノトリのコウちゃん』を連想させるコウノトリのひな誕生のニュースも。

http://www.city.echizen.lg.jp/office/010/010/kouhou2018_d/fil/kouhou06.pdf