メディア情報

2018年2月24日、藤沢市総合市民図書館2階で開催された加古総合研究所・鈴木万里による講演「かこさとし 創作の原点」についてニュースの中で報じられる。

定員80名を超える聴衆には市外、県外からの参加者もあり、かこさとしデビュー前の紙芝居や50年以上前の貴重な写真など100枚ほどを見ながら熱心に聞き入った。また、いち早く紹介された3月中旬に出版予定の新刊『過去6年間を顧みて』(偕成社)や2月26日に復刊される『遊びの四季』(復刊ドットコム)を興味深げに手に取っていた。

作者の加古里子さん被災地や沖縄思う

2018年1月「だるまちゃんシリーズ」に新たに加わった3作品についてジュニア記者が、編集にあたった福音館の担当者に取材、加古里子の絵本作りについて様々な角度から尋ねた。また、記者からの4つの質問に加古からの手紙による回答も掲載されている。
以下でご覧ください。

http://www.yomiuri.co.jp/teen/junior/jnews/20180219-OYT8T50007.html

『だいこんだんめん れんこんざんねん』(1984年福音館書店)や、『しんかんせんでも どんかんせんでも』(2017年復刊ドットコム)のように、かこさとしの本には題名がユニークで面白いものがあります。

この本の題名もその好例でしょう。「はいはい」はもちろん赤ちゃんのはいはいで、副題に「かこさとし ちいさいこの えほん」とあるようにまだ字を読めない小さなお子さんに読み聞かせることを想定して作られた、つまり音を楽しめるように工夫されている物語です。

かこは学生時代に演劇研究会に属していたこともあり、どの作品も耳から聞こえてくる音の響きに配慮して文を構成していますが、特にこの作品では擬音、擬態語が次々と繰り広げられます。

残念ながらこの本はもう店頭には並んでいないようですが、FM新津ラジオで朗読されますので、是非その擬音・擬態語の世界を存分にお楽しみ下さい。

放送は以下の予定です。

日時:2018年2月15日午前11時15分から10分程度
コミュニティFM局 エフエム新津、午前11時から正午放送の生活情報番組「なじらねラジオ」内で放送
「なじらね」とは「どのようにお過ごしですか」という意味だそうです。

下は、登場するキャラクターが勢揃いした後ろ見開きです。

かこさとしさんのニュースがいっぱい!

見出しにあるように、今回もかこさとしのニュースをたっぷり伝える小特集。
だるまちゃんシリーズに2018年新たに加わった3作品に加え、これから発売のTシャツやバッグなどのグッズや80年の年月を経て出版されることになった、小学校卒業記念の絵日記『過去6年間を顧みて』(偕成社・下の写真)もいち早くご紹介。ニュースな誌面です。