メディア情報

子どもの本を作り続けた かこさとしさんの世界(小学生版)

かこさとし 本の世界(中・高生版)

全国学校図書館協議会発行の2018年11月号(第344号)はかこさとし特集で上記のタイトルです。
小学生、中学生・高校生のいらっしゃる方は、是非お子さんに学校の図書館で写真ニュース(壁新聞)をご覧になるよう言葉をかけていただけたら幸いです。

かこさとしの作品紹介、年譜、生まれ故郷の福井県越前市にある、かこさとし ふるさと絵本館の紹介もあります。また、別刷りの通信(上の写真でピンクや緑のもの)には絵本館館長による、かこさとしや絵本館についての詳しいご案内もあります。

学芸員がわかりやすくお話しする講座「お話の作りについて」

2018年9月9日に終了した川崎市市民ミュージアムでの「かこさとしのひみつ展」について担当学芸員が語るユニークな講座が開催された。展示された作品がどのような作りになっているのかを中心に様々を考察し、かこさとしの魅力を分析。
読者に真摯に向かう一例として、『母の友11月号』(福音館書店)に発表されたばかりの「イノシシ病院 救急車のまき」(下)を朗読。この作品は6月に放映されたNHK総合テレビ「プロフェッショナル仕事の流儀 」の冒頭で、かこさとしが語った短い物語を採録したものです。

http://www.asahi.com/area/event/detail/10321483.html

https://www.kawasaki-museum.jp/event/13683/