メディア情報

師走まじか、イルミネーションのニュースがあちらこちらから届く頃になりました。
福井県越前市でも、だるまちゃん広場から、街中、てんぐちゃん広場のある武生駅前まで設置されました。

以下でご覧ください。「からすのパンやさん」一家も撮影準備万端です。

越前市 イルミネーション

越前市ライトアップ

2022年9月30日の[出版情報]でお知らせした新刊『こどもに聞かせる一日一話』(福音館書店)が紹介されました。
「だるまちゃんの幻のお話」の掲載裏話をお読みいただけます。貴重な手書き原稿の写真も、以下でどうぞご覧ください。

一日一話 だるまちゃんのまぼろしのお話

2022年11月7日Yahooニュースでも配信されました。

一日一話 

『だるまちゃんとてんぐちゃん』などの「だるまちゃん」シリーズや、『かわ』『海』『地球』『宇宙』や『人間』などの科学絵本を出版している福音館書店が70周年を迎えたことを報じる記事が2022年11月15日
東京新聞に掲載されました。

「あけてみよう かがくのとびら展」

その福音館書店「かがくのとも」から生まれた展覧会「あけてみよう かがくのとびら展」が2022年12月7日〜2023年2月12日まで、佐川美術館で開催されます。

かこ作品からは『だいこんだんめん れんこんざんねん』が体験型のデジタル展示として登場します。本展は2019年東京、2021年ひらかたパークで開催された巡回展でWEB事前予約制です。

詳細は以下でどうぞ。

かがくのとびら展

2022年12月14日琵琶湖大津経済新聞などに掲載されました。記事は以下でどうぞ。

びわ湖大津経済新聞

Yahoo ニュース

教育家庭新聞

先にお知らせした農文協の科学絵本6冊が2022年9月25日刊行されました。

大きさは『からすのパンやさん』の本のような大きさで旧版よりお子さんが持ちやすいサイズになりました。旧版を活かしつつ、一部最新情報を反映しています。

お子さんが一人で読むことができるよう、ひらがな表記で大人向けのまえがき、あとがきの漢字にはひらがながふってあります。科学への興味の入り口となる絵本で、わかりやすいことばと絵や図で理解を深めることができます。

2022年10月17日の教育家庭新聞では「低学年で読むことができ、かこ氏の温かみのある絵でかつ本格的な内容」、「地球をよく知ることで、自然を正しく恐れつつ、その美しさや面白さにも気づけるようになる」としています。

記事は以下でどうぞ。

教育家庭新聞ニュース

以下は出版社の紹介サイトです。

かこさとし 地球のかがく絵本 新装版

詩歌翻遊

2022年10月9日の朝日新聞「星の林に」で「優れた児童書、大人が読んでも」として、『だるまちゃんとてんぐちゃん』よりだるまちゃんの言葉を紹介、英語に翻訳、本作の魅力を解説しています。

紹介された場面は福井県立美術館にて下絵とともに展示中です。まじかでじっくりご覧ください。

2022年10月8日(土)から始まる群馬県立館林美術館での「かこさとしの世界」展の模様が会場から生中継で紹介されます。

日時:2022年10月11日(火)午後6時半〜
番組名: NHK(総合テレビ)ニュース ほっとぐんま630

生放送のニュース番組で群馬県内のみの放映となりますが、地域の皆様、ぜひご覧ください。
1週間以内、見逃し配信は以下です。

NHKプラス

美術館のご案内は以下でどうぞ。

館林美術館 「かこさとしの世界」展


以下、動画ニュースをどうぞ。

2018年8月、武生中央公園に「だるまちゃん広場」「パピプペポー広場」「コウノトリ広場」が整備されました。その後も新しい遊具や施設が増えリニューアルされてきましたが、2022年9月25日に新設遊具とリニューアルが完成し遊べるようになりました。

遊具リニューアル

武生中央公園 リニューアル

2022年9月26日日刊県民福井の記事は以下でどうぞ。

かこワールド 新遊具「発進」

2022年9月30日 福井新聞の記事は以下でどうぞ。

福井新聞

上は『だるまちゃんととらのこちゃん』(1984年福音館書店)ひげとらタクシーの場面。

公園については「月刊書評誌 子どもの本棚」(日本子どもの本研究会)2022年10月号の特集[まるごと楽しむー本と子どもをつなぐ場所]に「思いきり遊ぶー武生中央公園ー」と題しご紹介しています。

以下は公園についての記事です。

武生中央公園リニューアル

日刊県民福井

2022年10月8日中日新聞Webでも報じられました。
また、武生中央公園と開催中の菊人形については以下にも記事があります。

朝日デジタル