メディア情報

「加古里子さん、孫の成長願った作品」

かこさとしの新刊で初めての詩集『ありちゃんあいうえお かこさとしの71音』を紹介。

2部構成で第1部「ありちゃん あいうえお」は50音に濁音などを加えた71音が出てくるユーモラスな詩句。

第2部は、二人の孫の成長を見つめながら書き記した、ぬくもりあふれる12編。

「あひるちゃん あるく」⋯「んとこ おもいな しんぶんし」

かこさとしの新刊で初めての「ありちゃん あいうえお かこさとしの71音」(講談社)を紹介。

2部構成で第1部「ありちゃん あいうえお」は見出しにあるような50音に濁音などを加えた71音が出てくる。言葉遊びのようで声に出しても楽しい。

第2部「まごまごのうた」は、二人の孫の成長を愛情込めて見つめた12編の詩。

子どもへの愛言葉に

藤沢で長女会見 孫の成長を見つめ

加古里子の未発表作品(詩)2冊をまとめた詩集『ありちゃんあいうえお かこさとしの71音』(講談社)が刊行される。

2部構成で、第1部は子どもたちが親しむ「アリ」が題名に含まれ、50音に濁音などを加えた71音のことば遊び。

第2部は、二人の孫にマゴマゴする愛情溢れる眼差しが伝わる12篇の詩。

https://www.kanaloco.jp/article/entry-151922.html

川崎の絵本パネルに光触媒

かこさとしがセツルメント活動をしていた最寄りの鹿島田駅前にある書店店頭のショーウィンドーには、ゆかりの地であることを紹介する大型パネルがあり、「だるまちゃん」や「からすのパンや」さんの大きな絵が目を引く。このほど『太陽と光しょくばいものがたり』の共著者で川崎在住の藤嶋昭先生が開発された光触媒の技術がこの大型パネルに用いられた。