お知らせ

2023年5月5日の東京新聞、都営地下鉄線の子育て応援スペースに『だるまちゃんとてんぐちゃん』『だるまちゃんとかみなりちゃん』が登場していると報じています。

物語がほぼ全部、車両内に再現されています。車内でお子さんが飽きてしまわないように、子育てなどでお忙しいみなさまに、ほっと和んでいただければ幸いです。

都営地下鉄子育て応援スペース

2013年4月に、かこさとしの生まれ故郷、福井県越前市に開館した「ふるさと絵本館石石(らく)」が10周年を迎え、4月29日に大勢の皆様と賑やかにお祝いを致しました。

この日も、大変遠方からごお越しくださった方々がいらっしゃいました。この10年間、全国から大勢のみなさまにご来館いただき感謝しております。これからもどうぞよろしくお願い致します。

日刊県民福井と福井新聞の記事は以下でどうぞ。

絵本館10周年式典 日刊福井

福井新聞D刊

越前市ふるさと絵本館 開館10周年記念【火曜日休館、5月1日は代休のため休館です】

みなさんお気づきのように、かこ作品には本人と思しき人がしばしば登場しています。冒頭の絵は『お話こんにちは4月のまき』(偕成社)からです。そんな場面を集めての展示がかこさとし没後5年、絵本館開館10周年の記念として開催されます。

『はははのはなし』や『よわいかみ つよいかたち』に登場するメガネさんだけではなく、『あさですよ よるですよ』のまめのお父さんや『くもとりやまのイノシシ先生』のように動物であったり、時にはアリだったり、メガネの姿を見るとかこさとしに見えてくるから不思議です。

そんなにたくさんの本が手元になくて探すのが難しいようでしたら、『かこさとし 子どもたちに伝えたかったこと』(2022年平凡社)をご覧ください。これは昨年刊行の展示会図録ですが、かこさとしを連想させる場面を選んで展示しましたので、この1冊の中に、たくさんのかこらしき人物や動物が登場しています。

今回の絵本館の展示では昨年復刊された『カッコーはくしのだいぼうけん』から、かこ自身が自らの姿であるとあとがきに記している「カッコーはくし」を5枚ご覧いただける、またとない機会です。いずれも初公開です。書斎で愛用していた物も展示いたします。

嬉しいびっくりをたくさんご用意していますので、是非、越前市までお出かけください。

*5月1日(代休)・2日(火・休館日)となります。ご注意ください。

尚、2016年5月に当サイトでは「自画像もしくは丸メガネの男性」と題してご紹介しました。以下でどうぞ。

自画像または丸めがね

絵本館については以下でどうぞ。

絵本館

絵本館や公園については2023年4月12日の紹介が以下にあります。

かこさとし紹介

オンライン対談第2回を偕成社編集部の千葉美香さんをゲストに5月14日から無料配信致します。テーマは「編集者から見たかこさとしの絵本」です。

偕成社は出版50周年を迎えた『からすのパンやさん』『どろぼうがっこう』『にんじんばたけのパピプペポ』などのおはなしの本シリーズや『ピラミッド』などの科学絵本を出版しています。

千葉さんは、からすのパンやさんのつづきのおはなしなどを編集された時のいろいろを話してくださる予定です。

今回からはライブ形式ではなく、以下からあらかじめお申し込みいただいた方限定で、動画のご視聴をいただけるように致します。

お申込みは以下からどうぞ。

第2回オンライン対談申し込み

没後5年加古里子特集展示 「ものをつくる」

かこさとしの没後5年ということで、福井県ふるさと文学館(福井市)のプロローグゾーンでは「ものをつくる」というテーマのもと、建築土木から芸術作品にいたるまで加古作品の複製原画を本とともに展示しています。

デビュー作『だむのおじさんたち』や科学絵本『どうぐ』(瑞雲舎)『人間』『だんめんず』(いずれも福音館書店)『てとてとゆびと』(童心社)をからの場面や『からすのパンやさん』(偕成社)のあのパンがたくさんの場面を絵本を手にとって、見比べながらじっくりご覧いただけます。

お近くの皆様、是非お出かけください。
ご案内は以下です。

加古里子 ものづくり

Google Doodle(ホリデーロゴ)に登場

2023年3月31日限定で、かこさとしがGoogle Doodle(ホリデーロゴ)に登場です。
Google検索サイトを是非ご覧ください!

下の絵は若い頃の自画像です。

英語ですが、ホリデーロゴ加古についてのGoogle公式Doodle Catalogの YouTubeのページです。

Googleかこさとし

今年出版50周年を迎えた『からすのパンやさん』を記念して3月31日より「からすのパンやさん」のホームページが開設されるそうです。

「ユウヤケ新聞」インタビューより

からすのお父さんが「ユウヤケしんぶん」のインタビューに答えて次のように語っています。

「かこ先生のお誕生日でもある3月31日から、ホームページを始めます。

毎週、お店でお馴染みのパンについて、思い出話などをご紹介します。最初は10個、それから少しづつ2か月くらいかけて84個のパン全部についてお話しする予定です。

全部のパンのご紹介ができたら、皆様にお気に入りのパンの投票をしていただき、これからのパン作りの参考にさせていただこうと思っています。もうすぐ、開設ですので楽しみにお待ちください。」

どんなお話が聞けるかワクワクしますね。

水ぬるむ季節、3月末から約3週間、福井県越前市ふるさと絵本館では、『からすのパンやさん』や『どろぼうがっこう』などと同様、今年出版50周年を迎える『おたまじゃくしの101ちゃん』を展示致します。また『にんじんばたけのパピプペポー』も並びます。貴重な機会ですのでお出かけください。

なお、4月18日(火)は休館日、19・20日は展示替えのため臨時休館となり、次の展示は4月21日(金)から始まります。

『太陽と光しょくばいものがたり』の共著者で親交のあった藤嶋昭先生が、かこさとし作品170冊を含む約600冊の図書を、川崎市幸区にご寄贈され、赤坂区長より感謝状を受けられたたことが読売新聞及び東京新聞で紹介されました。

幸区は、かこさとしが20代後半から20年近くセツルメントボランティア活動をしていたゆかりの地でその活動の中で子どもたちに見せていた手描きの紙芝居が『どろぼうがっこう』『わっしょい わっしょい ぶんぶんぶん』『あおいめ くろいめ ちゃいろのめ』(1973年偕成社)など今年で出版50周年を迎える絵本となり現在も多くの子どもたちに読まれています。

ご寄贈いただきました本には、こういった童話に加え科学絵本も多数含まれています。下の写真は、加古が当時文房具などを買い求めていた鹿島田駅前の北野書店様撮影、右側が藤嶋昭先生。
尚、藤嶋先生のオンライン対談(無料)が4月1日に開催されます。当サイトのお知らせからご登録ください。

2023年3月26日東京新聞

信仰あった かこさとしさんの図鑑や絵本を藤嶋昭さんがゆかりの幸区に寄贈

記事は以下でどうぞ

東京新聞

ゲストの藤嶋昭先生(海外出張中)の帰国フライトに遅れが発生する見込みとなったため、開催を1日ずらし、4/2(日)の13:00からといたしたく、ご案内申し上げます。

直前の変更となり誠に申し訳ございません。すでにご登録の方は、改めてのご登録の必要はございませんので、開催日時になりましたらご参加をお願いいたします。

開催日変更に伴い、これからのお申し込みも可能です。ご参加をお待ちしております。

「科学者から見たかこさとしの科学絵本」

加古総合研究所では、4月からオンラインでのライブ対談(無料視聴)をシリーズでお届けする予定です。テーマは「編集者の目から見た加古作品」です。

第1回目は特別に「科学者から見たかこさとしの科学絵本」と題し、光触媒の発見者で『太陽と光しょくばい物語』の共著者でもあり、昨年『かこさとし 科学絵本の世界』を出版された科学者、藤嶋昭先生に登場いただきます。
  ________________
         記
第1回「科学者から見たかこさとしの科学絵本」藤嶋昭先生
2023年4月2日(日) 13:00〜13:40ごろ← 変更となりました。

お申し込みは以下からどうぞ。

オンライン対談 第1回