お知らせ

Google Doodle(ホリデーロゴ)に登場

2023年3月31日限定で、かこさとしがGoogle Doodle(ホリデーロゴ)に登場です。
Google検索サイトを是非ご覧ください!

下の絵は若い頃の自画像です。

英語ですが、ホリデーロゴ加古についてのGoogle公式Doodle Catalogの YouTubeのページです。

Googleかこさとし

今年出版50周年を迎えた『からすのパンやさん』を記念して3月31日より「からすのパンやさん」のホームページが開設されるそうです。

「ユウヤケ新聞」インタビューより

からすのお父さんが「ユウヤケしんぶん」のインタビューに答えて次のように語っています。

「かこ先生のお誕生日でもある3月31日から、ホームページを始めます。

毎週、お店でお馴染みのパンについて、思い出話などをご紹介します。最初は10個、それから少しづつ2か月くらいかけて84個のパン全部についてお話しする予定です。

全部のパンのご紹介ができたら、皆様にお気に入りのパンの投票をしていただき、これからのパン作りの参考にさせていただこうと思っています。もうすぐ、開設ですので楽しみにお待ちください。」

どんなお話が聞けるかワクワクしますね。

水ぬるむ季節、3月末から約3週間、福井県越前市ふるさと絵本館では、『からすのパンやさん』や『どろぼうがっこう』などと同様、今年出版50周年を迎える『おたまじゃくしの101ちゃん』を展示致します。また『にんじんばたけのパピプペポー』も並びます。貴重な機会ですのでお出かけください。

なお、4月18日(火)は休館日、19・20日は展示替えのため臨時休館となり、次の展示は4月21日(金)から始まります。

『太陽と光しょくばいものがたり』の共著者で親交のあった藤嶋昭先生が、かこさとし作品170冊を含む約600冊の図書を、川崎市幸区にご寄贈され、赤坂区長より感謝状を受けられたたことが読売新聞及び東京新聞で紹介されました。

幸区は、かこさとしが20代後半から20年近くセツルメントボランティア活動をしていたゆかりの地でその活動の中で子どもたちに見せていた手描きの紙芝居が『どろぼうがっこう』『わっしょい わっしょい ぶんぶんぶん』『あおいめ くろいめ ちゃいろのめ』(1973年偕成社)など今年で出版50周年を迎える絵本となり現在も多くの子どもたちに読まれています。

ご寄贈いただきました本には、こういった童話に加え科学絵本も多数含まれています。下の写真は、加古が当時文房具などを買い求めていた鹿島田駅前の北野書店様撮影、右側が藤嶋昭先生。
尚、藤嶋先生のオンライン対談(無料)が4月1日に開催されます。当サイトのお知らせからご登録ください。

2023年3月26日東京新聞

信仰あった かこさとしさんの図鑑や絵本を藤嶋昭さんがゆかりの幸区に寄贈

記事は以下でどうぞ

東京新聞

ゲストの藤嶋昭先生(海外出張中)の帰国フライトに遅れが発生する見込みとなったため、開催を1日ずらし、4/2(日)の13:00からといたしたく、ご案内申し上げます。

直前の変更となり誠に申し訳ございません。すでにご登録の方は、改めてのご登録の必要はございませんので、開催日時になりましたらご参加をお願いいたします。

開催日変更に伴い、これからのお申し込みも可能です。ご参加をお待ちしております。

「科学者から見たかこさとしの科学絵本」

加古総合研究所では、4月からオンラインでのライブ対談(無料視聴)をシリーズでお届けする予定です。テーマは「編集者の目から見た加古作品」です。

第1回目は特別に「科学者から見たかこさとしの科学絵本」と題し、光触媒の発見者で『太陽と光しょくばい物語』の共著者でもあり、昨年『かこさとし 科学絵本の世界』を出版された科学者、藤嶋昭先生に登場いただきます。
  ________________
         記
第1回「科学者から見たかこさとしの科学絵本」藤嶋昭先生
2023年4月2日(日) 13:00〜13:40ごろ← 変更となりました。

お申し込みは以下からどうぞ。

オンライン対談 第1回

今年で第11回となる越前市紙芝居コンテストの表彰式が行われました。

本コンテストは、2012年越前市武生公会堂「かこさとし ふるさとから広がる絵本の世界」展の開催をきっかけに始まり、当初は加古が審査をしておりました。

越前市では、コロナ禍でやむなく中止となった全国紙芝居大会も含め、近年ますます活発に紙芝居の口演、創作活動が行われています。

下の絵は武生中央公園温水プール内に設置されている加古の紙芝居『スイスイおよごうスイミング』(1984年童心社)

記事は以下でどうぞ。

第11回 紙芝居コンテスト

「読みたい本がここにある」で、『たろうがらす じろうがらす』をご紹介いただきました。
この絵本に登場するのはからすの一家の4羽のみ。兄弟のからすの小さな失敗を通して学んでゆく姿が優しく描かれています。

2022年にBunkamuraでの展示会でも原画をご覧いただき、図録『かこさとし 子どもたちに伝えたかったこと』(2022年平凡社)にも掲載しています。

記事は以下でどうぞ。

たろうがらす じろうがらす

『こどものとうひょう おとなのせんきょ』と『むしばミュータンスのぼうけん』

選挙の時期にしばしば取り上げられる『こどものとうひょう おとなのせんきょ』ですが、そもそも選挙が国民の平等の権利になったのは100年足らずの歴史です。民主主義とともに語られる選挙について、以下の記事をどうぞ。

こどものとうひょう おとなのせんきょ

学年末の時期を迎えました。春から幼稚園、小学校に進まれるお子さんたちにとって身体検査の時期がやってきます。歯の健康についてお子さん自身が納得して歯磨きができるようになる絵本の紹介です。

むしばミュータンスのぼうけん

呉市立図書館 「読書感想文」

呉市立図書館開催の第11回グックリスト読書感想文に『伝記を読もう かこさとし 遊びと絵本で子どもの未来を』(2021年あかね書房)を読んで感想文をよせた小学生と中学生のお二人が最優秀賞、優秀賞を受賞しました。

以下で感想文も掲載しています。

呉市立図書館 ブックリスト感想文入賞者 

ブックリストは以下です。

ブックリスト かこさとし伝記