お知らせ

かこさとしが自らの生い立ちや来し方を語ったこの本。
当初、「遺言」という題名をつけたいと言ったことからもわかるように、かこからお目にかかれることができない皆様に向けて伝えておきたいことをまとめたものです。かつて子どもだったすべての方々、これから大人になろうという方への心からのメッセージを受けとっていただけたら幸いです。
書評は以下でどうぞ。

未来のだるまちゃんへ

1962年「こどものとも」シリーズの一冊として福音館書店から刊行された『かわ』は、その後単行本として半世紀以上も皆様にお読みいただいています。
そして2016年には『絵巻じたて ひろがるえほん かわ』が刊行されました。文字通り全場面が一枚の絵巻のようにつながり、言葉は裏面のモノクロで川だけが彩色されている絵に書かれているといった凝った作りになっています。

ご紹介記事は以下でどうぞ。

かわ

『くもとり山のイノシシびょういん 7つのおはなし』(福音館書店)

NHKプロフェッショナルの番組冒頭で書斎の加古が語り始めた創作童話はこの「イノシシびょういん」の物語でした。

2011年から2019年の間に、福音館書店の月刊雑誌「母の友」に掲載された「イノシシびょういん」のお話7話を単行本として2021年1月に出版することになり、予約が始まりました。

「だるまちゃん」や「からす」の絵本シリーズから少しおとなの本に近づいた形ですが、中には絵があって、漢字もわずかで読みやすい童話です。もともとは読み聞かせのための作品ですから、聞く、見る、読むお話としてぜひお楽しみください。

文は、かこさとし、絵は、かこと孫のなかじまかめいが描いています。

刊行に先駆けて2020年12月12日から盛岡市民文化ホールで開催の全国巡回展「かこさとしの世界」展では、このお話の手書き原稿も一部ですがご覧いただけます。

詳しくは以下でどうぞ。

くもとり山のイノシシびょういん

2021年1月9日、毎日小学生新聞に低学年向けとして紹介されました。

毎日小学生新聞

盛岡市民文化ホール

2020年2月以来コロナ禍で中止となっておりました全国巡回展示会が再開されました。会場の盛岡市民文化ホールには岩手県や宮沢賢治など地元にゆかりのある作品を含むおよそ150点が展示されています。

「だるまちゃん」や「からすのパンやさん」一家のお話シリーズ、デビュー作の『だむのおじさんたち』、科学絵本の下絵に『なつのほし』『ふゆのほし』の原画も加わり、さまざまななジャンルの絵が並びます。

絵本の原画だけではなく、絵画作品もいろいろで、中学生時代の作品もご覧いただけます。どなたがいらしてもお気に入りの絵がきっと見つかる、そんな展示内容です。来年出版予定の幼年童話集『くもとり山のイノシシびょういん』も特別に一足早くお目見えです。

感染拡大予防にご協力いただきながらではありますが、しばし、かこさとしの世界を心ゆくまでお楽しみください。
2021年1月8日に岩手日報で、また12日には同社ジュニアウィークリーにも紹介記事が掲載されました。

展示会情報は以下でどうぞご覧ください。

盛岡 かこさとしの世界展

開幕 岩手日報2020年12月13日

12月28日 毎日新聞 絵本ができるプロセス感じて

盛岡市民文化ホールで開催中の「かこさとしの世界展」は年末年始は休館で2021年1月5日からご覧いただけます。原画をはじめ、加古の貴重な映像もご覧いただけます。ご家族皆様でお楽しみください。

岩手日報で3回にわたり本展示会に関しての記事が掲載されたほか、以下、毎日新聞でも紹介されました。以下でどうぞ。

毎日新聞 岩手

越前市武生中央公園にある「まめちゃんえん」で人気の『あさですよ よるですよ』(1986年福音館書店)の絵が市民バスに描かれ運行開始です。越前市「服部ルート」で走るそうです。上の写真はそれに先駆け地元の服間小学校でお披露目をした時の様子です。

大きなバス全体に小さなまめちゃんたちがたくさん、遊んだり、お昼寝したりしています。

まめちゃんたちのように、世界中の誰もが、思い切り元気に活動して、ぐっすり眠って健やかな毎日を満喫できる日が早くくることを願っています。

絵本の最後にあるこの絵も、バスにありますよ。

越前市に出かけられるようになったら是非このバスを見つけてください。以下は越前市による情報です。

あさですよよるですよ バス

2021/01/01

2021年の展示会

2021年夏には全国巡回展のほか、各地で展示会が開催されます。

発売中のMOE2021年1月号にありますように1月5日〜31日までは巡回展が盛岡市文化ホールで開催中です。

誌面でいち早くご案内しているのが、千葉県市川市文学ミュージアムで7月17日(土)〜9月20日(月)に開催の「かこさとし展ーこどもはみらいにいきるひとー」です。

他の会場の展示会については、順次、当公式サイトでご案内致します。ご期待ください。

2020年12月8日讀賣新聞朝刊【ゴロク】で引用されたのは、『未来のだるまちゃんへ』(2014年文藝春秋社)の中から、まだ化学会社に勤めながら執筆をしていた時代の心構えについてでした。

この本は加古が自分の遺言がわりに、伝えておきたいこと、生まれてから晩年に至るまでを自ら語りまとめていただいたものです。小学校高学年から読んでいただける内容です。文庫本には、ハードカバー版のあとがきと、加古自身による文庫本向けのあとがき、更には中川李枝子さんによる解説もついています。

戦争や様々な社会の荒波を迷いながら生きた90年、加古の言葉にはきっと何か皆様の心に響くものがあることと思います。

北海道大樹町 広報 No.632

北海道大樹町の広報で紹介されたのは『ほんはまっていますのぞんでいます』(2017年復刊ドットコム)。この本は1985年童心社より、かこさとし社会の本シリーズとして刊行されたものの復刊です。

そのあとがきで、かこは、子どもたちが大きくなるにつれだんだん本を読まなくなることにふれ、次のように続けています。

(引用はじめ)
一方、親や大人は、子供だけ本を読めと言うだけで、良書の普及や図書館の状況が文明国の中でとても恥ずかしい状態なのを改める努力が少ないように思います。なぜなのでしょうか
もうそろそろ私たちは、子どもも大人も、考え直す時が来ているように思います。
かこさとし
(引用おわり)

このあとがきは1985年の状況を示しているのですが、2020年も終わろうという現在はどのようになっているのでしょうか。

広報の記事は以下でどうぞ。

ほんはまっています のぞんでいます

読書の種をまき続ける科学者 藤嶋昭さん

『太陽と光しょくばいものがたり』(2010年偕成社)の共著者、藤嶋昭先生が読書の大切さを語る記事で、先生が講演で必ず説明される『ピラミッド』(1990年偕成社)や『万里の長城』(2011年福音館書店)、『せかいあちこちちきゅうたんけん』(2005年農文協)が先生とともに写真におさまっています。

『せかいあちこちちきゅうたんけん』のアンデスの山々の絵は福井県越前市の屋内施設「てんぐちゃんひろば」(下)のボルダリングに使われていて、お子さんたちに大人気となっています。

「だるまちゃんかれんだー」初登場!

読売新聞で10月に紹介されたのが、今年初めて発売されたこの卓上タイプのカレンダー。左にはだるまちゃんがいますが、よーくみると右にも何か⋯てんぐちゃんが隠れています。だるまちゃんかてんぐちゃんが顔を出すと、もう一人は隠れてしまう、かくれんぼの仕掛けになっています。

ハガキ大で月毎にめくると、各月の行事について『かこさとしこどもの行事しぜんと生活』全12巻(2012年小峰書店)から選り抜いた解説が読めるのが特徴です。行事の詳しい由来や本来の意味がわかり生活の中で先人たちが得た知恵や思いを知ることができます。

おなじみの「からすのパンやさんファミリーカレンダー」も出番を待っています。『からすのパンやさん』の名場面やシリーズの美味しそうなものが並ぶ絵は毎年好評です。こちらも月ごとで、五人分の予定を書き込めるので掲示板のように使うことができます。ペットの予定を入れたり、ご自分一人で時間帯に分けて書き入れる方もいらっしゃいます。

なんと、この2種類のカレンダーをセットでプレゼント、というのが2020年12月3日発売のモエ2021年1月号です。来年が皆さまにとって良い年になりますように!