お知らせ

クリスマスプレゼントを楽しみにしているお子さんたちも多いことでしょう。絵本の贈り物で素敵な世界に入って行けたら素晴らしいですし、お子さんには、そういう力があります。しかし、残念なことにアジアの国には、本を読むことすら叶わない子どもたちがいます。

クリスマスに出版される『私は10歳、本を知らずに育ったの』(2017年合同出版)は、そんな子どもたちの現実をシャンティ国際ボランティア会の活動レポートで伝える本です。

ユネスコの識字活動のお手伝いでアジアの国々に出かけていた、かこさとしは高齢になった現在は、せめてもの気持ちを込めてメッセージで応援しています。この本の最後に、2014年にイラスト(上の写真)とともに寄せたメッセージ「だから 本は すばらしい!」が掲載されています。

ちなみにシャンティとはサンスクリット語で「平和、寂静」の意味だそうです。クリスマス、新年を迎えるにあたり、平和を願わずにはいられません。

以下に関連情報があります

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000039.000005053.html

毎日新聞2017年12月22日 西部朝刊 「ふくおか探索 ブックエンド&図書館より カルチャー オッショイ!九州 本・書評  で、かこさとし作・絵の『ほんはまっています のぞんでいます』(2017年復刊ドットコム )を、「本とのつきあい方伝える児童書復刊」として紹介。以下でご覧下さい。

https://mainichi.jp/articles/20171222/ddp/018/040/016000c

「カーサブルータス」(マガジンハウス)2018年1月号は『生き方を変える本』。"あの人の本棚"コーナーに、かこさとし書斎の本棚が登場します。壁一面の本、そこからどんなことを皆さんは感じられるでしょうか。

上下の絵は2017年5月に復刊ドットコムより復刊された『ほんはまっています のぞんでいます』より。
以下に情報があります。

https://casabrutus.com/culture/62272

絵本作家・長谷川義史さんの「空色画房」にて、かこさとし絵本の複製原画を展示いたします。和歌山県有田川での展示会と同内容です。

かこさとしのデビュー作『だむのおじさんたち』から最新作『コウノトリのコウちゃん』までが展示されます。『だるまちゃんとてんぐちゃん』」や『からすのパンやさん』『どろぼうがっこう』『おたまじゃくしの101ちゃん』など懐かしいお話や『はははのはなし』や『道具』など忘れられない場面も登場します。

開館時間は木・金・土曜日の12:00〜19:00
詳しくは以下のサイトをご覧下さい。

http://www.eonet.ne.jp/~mousebbb/sorairo.html

「モエ」(白泉社)1月号の巻頭大特集は、絵本作家。レジェンド作家として、かこさとしもこれまでのインタビューの中から選りすぐりの言葉とともに紹介されています。
以下に情報があります。

http://www.moe-web.jp/

尚、読者プレゼントには、かこさとしからすのパンやさん一家ファミリーカレンダーもあります。