お知らせ

『出発進行!里山トロッコ列車』(2016年偕成社)は副題に「小湊鐵道沿線の旅」とあるように、小湊鐵道のトロッコ列車と駅、沿線の自然や史跡とそれらを守り続けている人々の生活を総合的に描いています。
この度、トロッコ列車を核に沿線の里山を未来へつなげる活動全体に対して、グッドデザイン賞が授与されることになりました。

絵本をご覧いただきながら受賞理由となった小湊鐵道や周辺の歴史、文化、自然科学に親しんでいただけたら幸いです。
以下の小湊鐵道ホームページに詳しく掲載されています。

http://www.kominato.co.jp/

だるまちゃん50周年をお祝いしましょう

だるまちゃん音頭を踊って、おみこしをかついで、お祭りのようなイベントを開催します。お近くの方は是非ご参加下さい。詳しくは以下のおでかけ福井(福井県広報ページ)をご覧下さい。

http://www2.pref.fukui.jp/event/view.php?event_cod=2F7d2c15054567430b&ctg_cod=ctg1100&year=2017&month=10

かこさとしさんの作品と触れ合う

福井県越前市の武生中央公園の「だるまちゃんひろば」を写真入りで紹介。また11月14日から藤沢市民ギャラリーで開催(12月10日まで)の「だるまちゃんとあそぼ!かこさとし作品展」(入場無料)のご案内も。

かこさとしのふるさと越前市の紙芝居実演グループの取り組みを伝える。以下でお読み下さい。

https://mainichi.jp/articles/20170922/ddl/k17/040/554000c

尚、上の写真は、かこさとしがデビュー前にセツルメント活動で子どもたちに演じていた手描き紙芝居「かっぱとてんぐとかみなりどん」。1959年6月6日作とあり後に同名の紙芝居が、また絵本『かっぱとてんぐとかみなりどん』が1978年に出版され、2014年に復刊ドットコム(下の写真)より復刊されている。

かこさとし・しゃかいの本シリーズの4作目の復刊となるこの本は、小さな方からご高齢の皆様にも手にとっていただきたい内容です。普段見慣れている町の昔はどんなだったのか、どんな時代を経て今日に至ったのかがわかりやすく描かれてています。

観音開きのページもあり、この作品に込めた著者の思いが伝わってきます。あとがきは次のように書かれています。

あとがき

(引用はじめ)
私たちのいる町は、人の生活するところです。そこで、人は食べたり遊んだり、働いたり休んだり、楽しんだり集まったりしてくらしています。ですから、町には、人が生活するためのものがみんな揃っています。家や橋やマーケットや学校や駅や店や役所や公園などがあります。

こうしたものは、いっぺんにできたのではありません。人の生活が豊かになるよう、力を合わせて、ときには災害で失ったりしながら長い時間かかって作り上げてきたのです。

街のことを調べたり考えたりすることが、人々の暮らしを知ることになります。そしてそれは人間と言うものをよく知り、もっと高くて素晴らしいことをめざすことにつながります。

こうした願いを込めて「しゃかいの本」のおしまいにこの巻を送ります。みなさん、さようなら。
かこさとし
(1987発行の旧版掲載文)
(引用おわり)

きょうオープン

越前市武生中央公園がオープンして一ヶ月を迎える10日、飲食施設と木の魅力たっぷりの遊び場がさらに開設される。写真とともに詳しく紹介。
上の写真は木育の部屋「かみなりちゃんのおうち」。新聞掲載の写真とは異なります。
記事は以下でご覧ください。

http://www.chunichi.co.jp/kenmin-fukui/article/local/CK2017091002000209.html

8月に誕生した越前市武生中央公園「だるまちゃん広場」で開催されるイベントについて紹介。
(上の写真は記事に掲載のものとは異なります)
以下の「北陸・信越観光ナビ」のサイトでご覧ください。

http://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000012064

"福井で暮らすを楽しむ"をテーマにお出かけ・イベント情報などを伝える。越前市のふるさと絵本館で展示されている『だるまちゃんとかみなりちゃん』は、複製原画・下絵と絵本の場面を並べて見ながら制作過程を読み取ることができる。写真とともに以下でお読み下さい。
上の写真は新聞掲載のものとは異なります。

http://www.fukuishimbun.co.jp/feature/fu/event?id=5982904a7765613fb1000000