編集室より

子どもたちの成長にとって、遊びはなくてはならないものであると、加古はさまざまの機会に伝えその大切さを詳細に述べています。

大人向けの著作では、『未来のだるまちゃんへ』の姉妹編『だるまちゃんの思い出 遊びの四季』(いずれも文春文庫)や、『伝承遊び考』四巻(小峰書店)等がありますが、『日本の子どもの遊び 上・下』の二巻(1979・1980年青木書店)は特に教育関係者に向け、様々な遊びが子どもの発達に果たしてきた重要な役割を平易に解き明かし、教科との関連にも触れて、広い視野に立つ具体的な提案を盛り込んだ渾身の著作です。

いっぽう、子どもには言葉で説くのではなく絵本でその楽しさを自ら体験、発展させることを願って多くの本を執筆しています。

非常に小さいお子さん向けの『あそびずかん』4巻(小峰書店)や『かこさとしあそびの本』全5冊(復刊ドットコム)もありますし、『あそびの大宇宙』『あそびの大惑星』『あそびの大星雲』はそれぞれ10巻ずつのシリーズです。

今回は『あそびの大惑星1 たいこドン ふえピッピのあそび』(1991年農文協)のあとがきをご紹介します。

ときめきひびく 生命のために

(引用はじめ)
あそびの大惑星シリーズの第1冊目は音、声、楽器や音響合唱などの巻です。将来カラオケ族やCDマニアにするためではありません。もちろん落着きのないニギヤカ人や静かさを騒音爆音でかき乱すヤカマシ子どもの手伝けをするのではありません。声を出す事や音に感じる事は、心臓のときめきや呼吸のリズム、即ち生きている事と連っているからです。子どもという生命に輝く生物の為に、音や声をききあい、ひびきあう感覚世界のこのあそびの巻を送ります。
(引用おわり)

ギリシャ神話で知恵の象徴とされるフクロウは加古作品に早くから登場しています。探してみましょう。

手描き紙芝居『うさぎのターちゃん』(1953年)では、お友達がいなくて寂しいターちゃんが野原で見つけた卵を鶏のおばさんに頼んで孵してもらうと生まれてきたのはフクロウのブクちゃんでした。一緒に遊ぼうと約束したのですが、夜行性のブクちゃんは夜にならないと遊びに出てこないのでターちゃんはガッカリ、それでもお互いのことがわかってお友達になります。

紙芝居といえば、『ばんちゃんねずみとミミンガー』(1986年全国心身障害児福祉財団)のミミンガーというのはミミズクからの命名です。からだの小さい子ねずみばんちゃんにしてみれば、ミミンガーは天敵でもあり非常に大きくて怖く見えるのですが、年老いて目が悪くて困っていることを知り、ばんちゃんが助けてあげる物語です。

1995年には同じセリフで絵を描きかえ『バンちゃんの大ぼうけん』(上)と改題して前作同様、福祉関係の施設に寄贈されました。晩年、緑内障で視野が欠けていた加古自身の目が良くなったらという希望が託されているように思えてなりません。

生き物としてのフクロウの紹介は『地球』(1975年福音館書店)、秋の森、木のウロにいますし、『あそびずかん あきのまき』(上)にも。そしてコノハズク、アオバズクは『あそびずかんなつのまき』(下・いずれも2014年小峰書店)に掲載されています。

物語絵本では『パピプペポーおんがくかい』(2014年偕成社・下)の舞台上、トリノからの鳥のグループ合唱団にフクロウたちが並んでいます。

加古のデビュー作『だむのおじさんたち』(1959年、福音館/復刊ドットコム、下)にもフクロウの姿があります。

動物たちも寝ている秋の夜、飯場にはあかりがともりおじさんたちは交代で働きますが、それを見ているフクロウが木の枝にいます。働く人間の姿と自然を詩情豊かに描き出すこの場面は、秋が大好きだった加古が気に入っていた場面です。

なんと言っても忘られないのは『どろぼうがっこう』(1973年)とその続きのお話『どろぼうがっこう ぜんいんだつごく』『どろぼうがっこうだいうんどうかい』(いずれも2014年偕成社)に登場する金と銀の目を持つへんなミミズクです。世にも不思議などろぼうの物語は、この変わった風貌のミミズクが語ったという設定で、山また山の奥深く、遠い地の幻のお話の雰囲気が一層高まります。

実は、このフクロウは元になった紙芝居には登場しないのですが、どろぼうのお話、どろぼうの仕方を学ぶ学校ということで、教育上よろしくない、というお叱りの声を危惧して絵本にするときに、語部として登場させたのです。
それぞれのお話の冒頭と最後に姿がありますが、『どろぼうがっこうぜんいんだつごく』では校長先生の風邪がうつってしまったり、『だいうんどうかい』では年老いたミミズクが咳き込んで終わるあたり、なんだか現実味を帯びています。

もう一作、『きんいろきつねのきんたちゃん』(下)をご覧ください。金と銀の目に見えるようなこのフクロウ、本文のどこにも登場しないのにここにいます。加古が強い思いを込めた物語ですが、残念ながらこの絵のついた絵本は絶版になっています。

森林開発と毛皮取りのため母を奪われたコギツネが、人間に飼われその世界で暮らすことになりますが、ある日、ひょんなことで変わり果てた姿の母キツネに再会し無我夢中で森に逃げ帰ります。

「つきの きれいな よる、あおい山の ふもと」で泣いているちいさなきつねが「つきのひかりに きらりと きんいろに ひかる」のを見守っていたのは、フクロウでした。

『おおきいちょうちん ちいさいちょうちん』(1976年福音館書店)

ちょとかわったユニーク科学絵本をご紹介する2回目は、そのユニークさゆえにロングセラーの『おおきいちょうちん ちいさいちょうちん』(1976年福音館書店)です。



ユニークなところ その1) 文章がない

構図を反転させたような表紙と裏表紙は、提灯だらけ、おまけにいたずらそうな小坊主さん、とぼけた雰囲気が漂うタヌキ、真似をしているようにも見えるサル、なんだか笑いが出てくる絵です。

題名には『おおきいちょうちん ちいさいちょうちん』とありますが、大きいもの、小さいものの物尽くしだけではないようです。副題には、ゆかいな「反対」ことばとあり、中を見るとおおきい・ちいさい、ながい・みじかい、おもい・かるい、といった26組の反対語が各ページの上にあるのですが、文章は一文もありません。

ユニークなところ その2) 数字や単位がでてこない

大小や長短、重軽と反対の状態を比べるのなら、長さや重さの単位や数字が登場しそうですが、それも見当たりません。この反対の状態を小さな子どもたちが理解するのを手助けするのは文でも言葉による説明でも数字でもないのです。ではどうやってするのでしょうか。

ユニークなところ その3) 絵で伝える

絵です。しかも「ゆかいな」絵によって面白く伝えています。大人が見ても思わず笑ってしまうようなひねりのあるものも含み、確かに見ていて「ゆかい」で何と何を比較しているのか、何が反対なのかが、よくわかります。

この本は説明文もない、数字もないけれど、絵の力で言葉が意味する、比べるという科学的視点を見事に表現している、れっきとした科学絵本なのです。

ちなみにこの本の題名は「大きい提灯 小さい提灯」という遊びから取られたものだと加古から聞きました。
どんな遊びかというと、親役の人が「大きい提灯!」と声をかけたら、他の人はその反対の「小さい提灯」の形を両手で作ります。その反対に親が「小さい提灯!」といったら、「大きい提灯」の形を両腕を上げて作ります。つい、言葉につられて、その言葉通りの形を作ったら負け。どこでも、いつでも二人でも大勢でも遊べる愉快な遊びです。

文もない画面ですが、絵の中に書かれているわずかな文字には加古のサービス精神がいきています。サイン代わりの「さ」はタヌキの半纏の背中や提灯に、表紙にある大きな提灯にかかれている「と」「も」はこの本が「かがくのとも」として出版されたからです。最初の場面、山門に吊るされた大きな提灯の「科朋山」は科学の「科」と友、友人を意味する「朋」の組み合わせで、前者と同じ意図があります。

そして、後見返しには、ちょうちんあんこうも登場する徹底ぶりで、その不思議な生態を絵でさりげなく表現しています。どうぞ、ごゆっくり、ゆかいに隅々までお楽しみください。

  『いろいろおにあそび』(1999年福音館書店)

2回に分けて2冊のちょとかわったユニークな科学絵本をご紹介します。
今回は『いろいろおにあそび』(1999年福音館書店)についてです。

ユニークなところ その1:吹き出し

吹き出しの中に子どもの言葉が書いてあって、でもこれは漫画ではありません。れっきとした科学絵本で、しかも本文ではなく表紙、正確にいえば裏表紙です。

表紙はこちら。
『いろいろおにあそび』(1999年福音館書店)とあります。

「いろいろ」といういのは「さまざまな」という意味で、タッチおに、つながりおに、はしらおに、しまおに、くつとりおに、くつかくしといった多種類の鬼ごっこが紹介されている本なのです。そして表紙と裏表紙では「いろおに」の実況中継です。

ユニークなところ その 2:色合い

さまざまな意味とはいえ「いろいろ」とうたい、「いろおに」が表紙や裏表紙に登場し、フルカラーの本なのに、使われているのは非常に色を抑えた画面になっています。「いろおに」でも「黒い」ものに触っていれば鬼から逃れられるという設定で、赤は使われずカラフルな絵本とは異なる雰囲気ですが、これは「しまおに」などを説明する際、地面に描く線を際立たせるための工夫です。

ユニークなところ その 3:鬼のツノ

大勢の子どもの中で誰が鬼なのか、はっきりさせるために鬼になっているこどもの頭に点線でツノを描いています。最後の場面では泥だらけの足で家にあがろうとした、つねちゃんを叱るお母さんにもツノが生えているというオチまであります。

変わったところがたくさんあるこの絵本、これも科学絵本なのかと問うたところ、加古は嬉しそうにコックリとうなずいたのでした。7人の子どもとかっちゃんの犬、クロが遊ぶ鬼ごっこの数々。みなさんも是非お楽しみください。

本サイトのスライド画像は『それゆけ がんばれ われらの楽団』(1995年 全国心身障害児福祉財団)からです。このジャンボ絵本は一般販売を目的としたものではなく、福祉施設への寄贈用として1995年に作成されました。

楽器を持つこどもたちに次々と動物が加わり、時空を超えて楽団が演奏を続けます。大きな絵本型の紙による芝居という形式で、CDによるセリフ、音楽もあり大変盛り上がる作品です。絵のみですが、色合いの変化、登場人物が増えてゆく過程、壮大な結末をお楽しみください。

2023/01/28

手袋人形

小学校時代の冬、手袋は雪遊びの必需品でしたが、室内では「手袋の反対なーんだ?」「ろくぶて!?」と言い合いながら、手袋で人形を作って遊んだものです。

絵本の中にも手袋人形が登場します。うさぎ年の今年、読み聞かせに引っ張りだこの『だるまちゃんとうさぎちゃん』(1972年福音館書店)では、だるまちゃんと妹のだるまこちゃんが、手袋うさぎを作ってうさぎちゃんたちを喜ばせています。

手袋人形に加え、雪兎、新聞紙の兜の作り方や子どもたちが大好きなリンゴで作るうさぎやだるまも出てきます。

手袋人形は遊びの本でも、必ず紹介されていて『とってもかわいいあそび』(2013年復刊ドットコム)の表紙には、両手に手袋人形をつけた子。本文には丁寧な作り方が書いてあります。

『てづくり おもしろ おもちゃ』と英語版『Chock Full o’Fun』(2021年小学館)にも表紙の子どもが持っているニワトリ人形の作り方などが掲載されています。

『こどものあそびずかん ふゆのまき』(2014年小峰書店)も同様で、モヘア手袋のやわらかい感触と色をいかした手袋赤ちゃんもあります。

いずれの手袋人形も加古が作ったものです。

福井県越前市ふるさと絵本館では、3月27日(月)まで「遊び」をテーマにした展示が行われていて、上の写真にある3点を陳列中です。どうぞご覧ください。

「技術と経済」(1969年12月科学技術と経済の会)より

新聞や雑誌に掲載されたインタビュー、対談や鼎談から加古の言葉を「アーカイブより」としてご紹介します。
今回は1969年10月3日に霞山会館(旧)で開催された鼎談を掲載した雑誌「科学と経済」から、40代の加古のメッセージをお伝えします。

(引用はじめ)
子どもたちの遊びの一例として、グー・チョキ・パーというあそびがあります。このあそびをその昔、グリコ・パイナップル・チョコレートといっておりました。これは今も使われておりますが、グリコは1粒300メートルという有名な菓子の名、パイナップルというのは、台湾の新高山にちなんだ新高ドロップと言う一番うまいドロップの中で、そのまた一番おいしいのはパイナップルであったので、それからとったパイナップルです。チョコレートというのは、当時は私なんぞの記憶では、1年に2〜3べん食べられるかどうかというほどの貴重品だった。すなわち、子どもとってお菓子の三種の神器の名であったわけです。

それが黒兵衛、ベティー、ちょび助となった時代がございます。黒兵衛というのは凸凹黒兵衛であり、田川水泡先生の作品です。ベティはややエロチズムのある漫画映画のヒロイン、それからちょび助は、JOBKから「ちょびすけ漫遊記」という一世を風靡した放送劇がありまして、これも子どものアイドルであったわけです。

それがだんだんと戦雲が激しくなってきたときにどうなったかというと、軍艦・ハワイ・沈没と、こうなったわけです。戦後は、ハロー・ジープ・グッドバイと、いとも鮮やかな転換であるわけです。

今は朝鮮とか、ハワイ、チョコレートとかグリコも復活しています。しかしそのハワイは、軍艦・ハワイのハワイではなくて、フラダンスのハワイだということを子どもは知っているわけです。

ここで私がいいたいのは、子どもたちの遊びというのは強制されたものではない。だれだれ先生ご創案の遊びですといっても、そういう権威であそびが成立しているのではないということです。あそびはおもしろくなければだめです。そのおもしろさがただ一つの標準、基準であって、あとは何ものにも束縛されぬ自由によって貫かれている。そして彼らはこのグー・チョキ・パーの三つにすばらしい時代感覚を示し、同時にクリエイティブな力、創造性を見事に開花させている。軍艦・ハワイ・沈没、これはいけるぞという1人の子どもがたまたま発見したのを、次の子ども大衆が支持し、それが遊びとして成り立っているということ、それから子どもあそびは、なにものよりも子どもたちの生活に密着しているということです。ここに遊びの純粋な真髄みたいなものがあると思うわけです。
(引用おわり)

上の絵は『いろいろおにあそび』(1999年福音館書店)より。
冒頭の絵は、じゃんけんのあいこの時の愉快な言葉がでてくる『はれのひのおはなし』(1997年小峰書店)。
『過去六年間を顧みて』(2018年偕成社)には、小学生だった加古が描いた黒いうさぎの黒兵衛の絵が掲載されています。

今回ご紹介部分は以下の記事で触れていただいています。

1969年 技術と経済 「あそび」

じゃんけんに関しては当サイト2022年6月「こぼれ話」にも記載があります。以下でどうぞ。

じゃんけん

2023年1月、精神科医で作家の加賀乙彦氏が93歳で逝去されました。

加古と氏との出会いは、1950年代、川崎セツルメント診療所の医師として加賀氏が奉仕尽力してくださった時以来で加古の自宅にもいらして下さるなど終生交流が続きました。

2008年の『伝承遊び考』上梓の記念会では、多くのセツラーのみなさんもご参加下さったのですが、氏のお姿もありました。加古との出会いについてユーモアたっぷりにお話しされ、会場をなごませてくださったお姿が懐かしく思い出されます。

その時の記念写真が『伝記を読もう かこさとし 遊びと絵本で子どもの未来を』(2021年、あかね書房)にあります。掲載のお許しをいただこうとお尋ねしたところ、快諾のお手紙をいただいたのですが、加古を「兄さん」と記していただき、感激したものでした。

『別冊太陽 かこさとし』(2017年平凡社 )にも「加古里子さんとセツルメント」をご寄稿下さり、出会いの様子をみずみずしい筆致で再現していただきました。その時には「使い古したチューブから絵の具をひねり出すように書いてみます」とユーモアたっぷりに編集の方におっしゃっておられたそうです。

東日本大震災の折には、電話でお互いの安否を確認し、氏の蔵書が本棚から落ちて大変だったそうだと加古から聞きました。新刊が出ると送ってくださった氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

氏に関しての記事は以下でどうぞ。

加賀乙彦氏 東京新聞

Kodomoe 「キャラクター大図鑑」

2023年1月7日発売のKodomoe 「キャラクター大図鑑」特集で、出版50周年を迎えた『からすのパンやさん』と刊行10周年の続きのお話、「だるまちゃん」シリーズに登場するお友だちの面々が紹介されています。
賑やかな誌面をお楽しみください。

2023/01/13

ピアノ

小学校の音楽の時間にハーモニカを習ったのは筆者の世代で、今ではハーモニカではなく鍵盤ハーモニカをするのだとか。息を吹き込みながら、鍵盤を弾くとハーモニカと同じ原理で音が出るのだそうです。

鍵盤といえば昭和30年代、40年代は子どもにピアノを習わせることが流行というか、憧れの生活スタイルと考えられていたようなところがありました。書道やそろばんを習い事にする子どもも多く、スイミングスクールが広まる前の時代のことです。

『でんとうがつくまで』(福音館書店) の裏表紙のこの絵はまさにその昭和時代の憧れの暮らしの一コマのようです。ピアノではなくその脇で輝いているスタンドの電灯やシャンデリアがこの科学絵本のテーマ、電気と関係するのですが、猫がいて魚の骨マークにかこのサインでもある[さ]のマークがついたピアノに目が行ってしまいます。(オルガンにも見えますが、本文の絵ではアップライトピアノとして描かれています)

科学絵本『だんめんず』(1973年福音館書店)は、ほぼ同時代の作品で、ご覧のように表紙には、グランドピアノの断面図がドーンと描かれています。

木を切り出してから、ピアノが出来上がるまでが物語になっているのは『まさかりどんがさあたいへん』(1984年・1996年小峰書店)です。多種類の工具で木が切り倒され製材されて、椅子やグランドピアノが出来上がり、ロボットちゃんの演奏で終わります。

グランドピアノが表紙を飾る絵本『しらかば スズランおんがくかい』(1986年偕成社)は、あとがきにあるのですが「カナダやシベリアの動物や植物」が登場し、雪解けで現れた不思議な箱から出てきたものがいったい何なのか考えをめぐらせます。

イスなのか、机なのか?
怖さ、恐ろしさ、びっくりが色々あって、これが「おとをだすおもちゃ」だと判明。

厳しくも美しい自然の移り変わりを背景に動物たちがピアノを囲み、素敵なメロディーが聞こえてくるような心温まるファンタジーです♬